スタッフについて

芦屋翠ホームのスタッフ

 芦屋翠ホームで働くスタッフは、老若男女問わず、利用者さんへのサポートを通して、 いつも明るく元気な声が飛び交っています。「愛情」いっぱい詰まった施設にしたいと、スタッフ全員が懸命に努めています。
 このサイトをご覧になられた方で少しでも芦屋翠ホームに興味持たれた方はいつでも、芦屋翠ホームまでご連絡ください。
 数多くの皆さんの「力」を芦屋翠ホームは必要としています。

下田彩佳  ・下田彩佳(しもだ あやか) 支援員 在職4年 【動機】  この仕事に就いたきっかけは大学時の実習です。利用者さんと関わるスタッフの姿を見て、大変な仕事と感じながらも、自分自身も何か役に立ちたいと感じ芦屋翠ホームに入職しました。 【うれしかったこと】  支援する中で利用者さんや他のスタッフたちに「ありがとう!」と言ってもらえた時はとても"やりがい"を感じます。時に悩むこともありますが、出勤時に利用者さんから
「おはよう!」と笑顔で挨拶されると、"今日も頑張らないと…"という気持ちになり、日々の励みになっています。 【これから…】  想いを伝えることが困難な利用者さんも多く、それに気付いてあげることが、この仕事で重要になります。常に観察と記録をし、ちょっとした変化に気付き、利用者さんたちの長所を引出していけるような支援が出来るよう自分自身を磨いていきたいです。

宮村健太  ・宮村健太(みやむら けんた) 支援員 在職2年 【動機】  きっかけは専門学校在学中の実習でした。障がいのある方と関わりを持つことは初めて で戸惑い、不安も多くありましたが、利用者さんやスタッフさんたちの多くの「笑顔」の 場面をみて楽しく仕事ができると感じ、この仕事、芦屋翠ホームを選びました。 【うれしかったこと】 一人で支援するのではなく、スタッフ全体で情報を共有し、先輩のスタッフさんからアドバイスを受けながら、個々の利用者さんに合わせたサポートを行い、利用者さんたちとともに私自身も「出来る」ことが増えていくと自身の「やりがい」や「達成感」にもつながっていきます。【これから…】 利用者さんたちが「楽しい」と思える生活が送れるように、一人ひとりの利用者さんの気持ちをくみ取りながら関わりを持ち、私自身も「楽しい」と思えるよう日々サポートしていきたいです。

那須さゆり  ・那須さゆり(なす さゆり) 契約支援員 在職3年 【動機】 娘の就活と併せ、合同就職フェアに一緒に行きました。「この春から仕事出来る方いらっしゃいますか?」の問いかけに殆どの学生が来年からの就職のための活動だったため、思わず「はい!私行けます!!」と答えてしまったことが、きっかけでした。【うれしかったこと】 12月のある朝、私が早出にて出勤した際、玄関に一人の利用者さんが朝早くから誰かを待ち構えている様子でした。
 私が扉を開けた瞬間「お誕生日おめでとうございます!」私自身も「ハッ!」としました。
 ちゃんと私の誕生日を覚えていてくれ、その一言をいうため待っててくれたことがとても嬉しく思いました。【これから…】 洗面、食事、洗濯、入浴、排泄など殆どが生活に密着したことをサポートするお仕事です。
 専門の知識がなくても、私のような年齢でも働くことが出来る職場です。私が足を痛めた時、重度の利用者さんの移動を介助していると、「代わりましょうか?」と親子ほど年の離れた若いスタッフが助けてくれたり、また私が利用者さんの対応で困っているとベテランのスタッフさんがさりげなくアドバイス下さったりと、ミーティングでもよく言われている「連携」「コミュニケーション」の必要性を今さらながら実感しています。
 利用者さんの「ハッピーライフ」のために今後も"オバチャンパワー"で頑張ります。

芦屋翠ホームではスタッフを募集しています。
募集に関するお問合せは、こちらをクリックください。